代表挨拶

 当社は、京浜工業地帯の生みの親である浅野総一郎により大正9年に設立された鋳造会社です。設立時は主に造船向け鋳造部品を製造しており、戦時中は軍需工場にも指定され、多難な時代を乗り越えてきております。
 これまでの長い歴史の中で造船・鉄鋼といった基幹産業や様々な産業機械の分野に鋳物部品を供給してまいりました。最近では低熱膨張材料や高強度材料といった当社独自の高機能金属材料にも注力しております。

 1960年後半には建設分野にも使用される鋳物部品の製造を開始し、橋梁や建築物にも当社の製品が数多く使用されております。最近では東京スカイツリーや羽田空港、東京モノレール等、国内主要プロジェクトに当社の製品が採用されております。

 このように創立96年の当社は日本経済の礎を築き、我が国の発展に大きく寄与してきたと自負しております。2020年の東京オリンピックの年に創業100年を迎えます。これからも独自の技術力と品質を向上させ、国内外問わず、社会のニーズに柔軟かつ迅速に応え、皆様のお役に立てるように努力していく所存です。

代表取締役社長 鷲尾 勝