技術力

02technical strength

信頼の製品をつくりあげるためになくてはならないのが技術力。日本鋳造では、お客様の要望にこたえ期待をこえるために、緊密さと柔軟さをあわせもつ一貫体制のもと、設計と製造におけるさまざまな技術の研鑽をはかっています。

point - 1

各工程の連携により
全工程の水準を向上

設計、模型、溶解、造型、鋳込、熱処理、加工、組立までを行える一貫体制を構築。それぞれの担当者がそれぞれの工程を深く理解し密接に連携しながら、品質や効率を追求していくことで、全体の技術力の向上につなげていきます。

point - 2

予測と検証にもとづく
緻密な方案設計を作成

日本鋳造の中核業務となっている鋳造。その出来・不出来を左右する方案設計においては、鋳物砂の配合、主型・中子の造型、湯道の形状、鋳込の温度、凝固の時間などを細かく設定し、特殊性能や複雑形状をもった鋳造品も高精度かつ高清浄に仕上げています。

point - 3

高清浄な鋳造品をかなえる
独自設備を導入

溶鉄鋼の中の酸素や窒素を除去する真空脱ガス装置「LAVD」「HSR」、砂型内を減圧または真空状態にする雰囲気調整型鋳造設備「CAC」を導入。酸化物の生成や不純物の混入を防いで、ピンホールやブローホールといった鋳造欠陥を最小限にし、高清浄による高品質を実現しています。

01 開発力

03 チーム力