求める人材

創業より約100年、鋳造を基軸とした事業を展開し、社会の発展に貢献してきた日本鋳造。

次の100年も企業と社会に実りをもたらすものとするべく、たくましく、しなやかに、明日を拓いていける、そんな人材を求めています。

1現状維持は
停滞や後退と捉える

様々な経験に培われてきたいまの自分。私たちが求めるのは、その今の自分をときに否定できる人材です。簡単ではありませんが、現状にとらわれないことで大きく前進でき、仕事力においても人間力においてもまたひとつ向上できると考えます。

2多面的に考え
能動的に動ける

企業や業界に根づく様々な常識。私たちが求めるのは、その常識に決してとらわれない人材です。考え方や動きかたがワンパターンになってしまっては、課題を解決し続けられません。広範な視野をもち、果敢な挑戦をすることが、ブレークスルーを生みだすと考えます。

3自分の意見を
しっかりと発信できる

必要なことは気兼ねや気後れなく言える人材です。まわりをインスパイアし、やがて巻きこんでいく、それほどの強い発信力は革新をもたらす触媒になると考えます。